医療機器開発・受託開発・薬事取得業務など

当社ではオリジナルの開発製品をはじめ、受託開発も行なっております。
国内外のネットワークを駆使して医療ニーズに合致する提案をデザインから行います。
最終的な上市まで薬事承認取得を含め治験までをサポートし、医療機器の創出を実行しています。

迷走神経刺激カテーテルシステム

心臓最後の領域である心不全治療に果敢に挑戦
迷走神経刺激による心筋保護を目的としたカテーテルシステムで、効率良く適切な刺激を与えられるよう刺激アルゴリズムまで開発しています。これまで世界に存在していなかった新規医療機器になります。

細径ビデオ内視鏡システム

医療用内視鏡のOEM供給
CMOSセンサーを使用した最小外径1.1mmの内視鏡をOEM供給できます。細径内視鏡で課題になるのが観察に十分な光量を内視鏡先端から照射できるかという問題がありましたが、当社は特殊光源を使用し、その課題を解決しました。ホワイトレーザー方式、高輝度LED方式とあり、内視鏡モニター画面上で医療処置を問題なく行える明るさを確保しています。

神経プローブ

外科手術の結果(QOL)を劇的に変える技術(特許出願済み)
様々な外科手術おいて神経を傷つけることなく手術を終えられるよう、部位に特化した神経の位置を確認できるシステムです。神経特有の伝導アルゴリズムを解析し、確実に術者サポートができるように開発しています。


その他の開発および導入製品

ポータブルCT

通常CTは設置型の医療機器でしたが、病院の中を移動できるポータブルCTはこれからのCTスキャンを変化させることができるかもしれません。半自走式で簡単に院内を移動することができ、救急外来、ICU、脳外科領域、病室内、小児科領域などで威力を発揮します。

 

内視鏡の曇り止め

腹腔鏡手術や消化器内視鏡術中に使用される内視鏡先端が曇らないようにするコーティングマテリアルが必要です。電気メスや超音波メスなどで臓器を切除したり、止血する場合、ミストなどが内視鏡先端レンズに付着し視野の確保が困難になります。現在開発している製品はそれらの曇りを生体適合性の高いマテリアルでコーティングし、手術終了まで内視鏡映像をクリアに保つことができます。
 

 
 

乳ガンCT

乳ガンの診断にCTを使用し、乳房を強く押さえつけることなく、うつむせにベッドに横たわり、空いた窓から乳ガンCT検査をすることができます。ストレスなく検査を受けることができるのは患者にとって福音となります。またCT画像はソフトウェアを用いて3D画像構築できます。独自のアルゴリズムを使用すれば、より詳細な読影が可能となるかもしれません。

ぽっかり空いた穴に乳房を差し込み、じっとしているだけで検査は終わります。新世代のCTとして期待される開発製品です。

 

血管塞栓剤

がん治療や動脈瘤治療などて使用される血管塞栓剤は様々なフォーミュラを利用し開発されています。特に生体適合性があり強い塞栓力を持つ製品が市場から期待されています。当社は前記二点に加え、デバイスへの付着性がなく、ハンドリングの良い製品を開発しようとしています。